沿革

昭和52年 4月 三和住宅有限会社を設立4月4日、現代表取締役渡辺邦男が、資本金300万円をもって三和住宅有限会社を設立
  8月 宅地建物取引業者免許を取得し、栃木県那須郡西那須野町(現:那須塩原市)に事務所を開設。賃貸住宅の斡旋仲介を中心に営業を開始
昭和55年 10月 建設業の認可を取得。一般住宅の建築受注を開始
昭和59年 8月 栃木県大田原市に、初の支店となる大田原支店を開設
昭和60年 6月 不動産業界FC大手、住通チェーン(現:ERA)に加盟不動産業界FC大手、住通チェーン(現:ERA)に加盟
  11月 栃木県矢板市に矢板店を開設
昭和61年   建設業を廃業
  5月 株式会社ハウスドクターサービスを設立。賃貸住宅のメンテナンス、リフォーム事業を開始
平成元年 3月 株式会社に改組。名称を株式会社三和住宅とする

平成2年

  この頃から賃貸管理事業の整備と受託営業を本格化
  8月 アートレンタルリースFC加盟。 浄水器リース事業を開始
平成5年 10月 全国賃貸管理業業界(現:日本賃貸住宅管理協会)加盟
平成6年   (株)日本創造教育研究所の人材育成プログラムを導入
  10月 第1回経営計画発表大会を開催
  11月 マンスリーマンション事業を開始
平成7年 9月 栃木県黒磯市(現:那須塩原市)に那須塩原店を開設
平成8年 8月 賃貸住宅情報のフリーペーパー「お部屋探しの本」を創刊
大田原店を現住所に移転
  12月 家庭用浄水器のリース事業を開始
平成9年   資本金を2,000万円に増資
平成10年 8月 自社ホームページを開設
平成11年 3月 貸地パンクシステム加盟。事業用地の賃貸事業を開始
平成12年 6月 アパマンショップネットワークFC加盟。住通チェーン退会アパマンショップネットワークFC加盟。住通チェーン退会
  7月 (株)ハウスドクターサービスの業務を管理部に統合
  12月 野外レンタル収納庫事業に進出。那須塩原市に「ハローコンテナ東町」をオープン
平成13年   資本金を3,000万円に増資
平成14年 2月 アパマンショップ西那須野店を本社から分離、独立店舗として東町に移転
平成15年 6月 賃貸管理戸数が5,000戸を突破 オーナー専属部門を創設。入居促進のシーリング活動を本格化賃貸管理戸数が5,000戸を突破
オーナー専属部門を創設。入居促進のシーリング活動を本格化
平成16年 10月 国際医療福祉大学(大田原市)前に、季節営業の賃貸斡旋案内所を開設
平成17年 1月 那須塩原店を「那須塩原駅前店」に改称
8月 矢板店を現住所へ移転
9月 那須塩原駅前店を現住所へ移転
平成18年 12月 アパマンショップオペレーションシステム(AOS)による賃貸斡旋業務を開始
平成20年 9月 那須塩原市西大和地区市街地再開発事業に参画
平成22年 1月 渡辺邦男が社長職を退任、代表取締役会長へ。新社長に菊地信之就任渡辺邦男が社長職を退任、代表取締役会長へ。新社長に菊地信之就任
6月 栃木県さくら市にさくら店を開設
平成24年 5月 ザ・ビッグエクストラ那須塩原店(那須塩原市)に、賃貸物件無人検索ブース「スタッフレスショップ那須塩原店」を設置稼働
11月 栃木県宇都宮市にテクノポリス店を開設
平成25年 3月 テクノポリス店を「ゆいの杜店」に改称
9月 自社賃貸ブランド「みんなの賃貸Café」を商標登録
11月 栃木県宇都宮市に、市内2店舗目となる宇都宮東店を開設栃木県宇都宮市に、市内2店舗目となる宇都宮東店を開設
平成26年 11月 ゆいの杜店を現住所(ハピネスタウン)へ移転
平成27年 2月 「栃木相続サポートセンター三和」開設。相続対策セミナー(全6回)の定期開催をスタート
pagetop